前へ
次へ

お葬式は地域社会を元にして行われていた

厳粛な雰囲気の中で行われるお葬式は、ある程度古い歴史が残る地域では地域社会を元にして行われていました。
これは、地域のみんなが共同体の一員であり、ほぼ家族と同じような形で暮らしていたからです。
誰かが亡くなった場合は責任者が音頭をとってみんなで協力して葬儀を行いました。
現在はセレモニーを専門的に行う業者さんがいて、彼らが段取りをつけてくれます。
お葬式は人生最後にして最大のイベントであり、かかるお金もかなりの物です。
遺族はどのような式を行うかあらかじめ決めておき、それを葬儀業者さんに伝えます。
人によっては特殊な宗教の様式に従って葬儀をしてほしいと遺言を残しているケースもあり、その場合は故人の残した言葉に従って行われます。
あまり地域色の強くない都市部で行われる葬儀は、農協など業者さんが管理する場所で一切の式が行われ、焼き場に行って遺体が焼かれます。
親族がみんな集まって故人を悼み、にぎやかな雰囲気の中でお別れするのが一般的です。

Page Top