前へ
次へ

葬儀において気を付けなければならないこと

葬儀に参列することになった場合、身だしなみなどのマナーも気を付けなければなりませんが、同じくらい注意しなければならないのが葬儀での挨拶です。
遺族の方に挨拶をする際に葬儀ではふさわしくないとされる言葉、使用をしてはいけない言葉があります。
お悔やみの言葉を述べる際は、できるだけ手短に述べるように心がけ、それでいてシンプルにその場に適した言葉を使うようにします。
遺族の方に気遣ったつもりで言葉を述べる際に長くなってしまった場合、それがかえって失礼な振る舞いになってしまうこともあるので挨拶には注意が必要です。
そのほか、葬儀では久々に顔を合わす親戚なども参列することがあります。
久しぶりに会って話をたくさんしたくなったとしても、葬儀ではできるだけ静かに過ごすことが大切なマナーとなります。
葬儀で親し気に話し込んだり話すというのは、場の雰囲気をわきまえないマナー違反となるので挨拶と同じように注意しなければなりません。

Page Top