前へ
次へ

社葬の準備とその手順などを知る

大企業に勤務していれば出席した経験もあるかもしれませんが、社葬は、対外的に社のイメージを印象づけたり、後継者問題などの一大行事になります。
社葬の決定は、遺族の了解を得ることから始まります。
葬儀委員長の抜粋、これは故人が会長であれば社長、副社長というように、代表者は役職から選びます。
大企業ならば、役員会や株主の意見も十分聞くことが大事になります。
さらに、遺族との打ち合わせを綿密に行うのですが、故人の関係事項の確認には手違いがないようにしましょう。
逝去年月日や死因、喪主や遺族氏名、宗派などです。
ちなみに、社葬は一般葬儀とは違い、遺族によって密葬あるいは個人葬、火葬を済ませておくようです。
また、社葬の規模うんぬんではなく、成功を左右するのが葬儀社選びで、力量がある、経験豊富な業者を抜粋しましょう。
葬儀場は規模に見合う場所でなければなりません。
また、会葬者が出席しやすいように立地条件、設備、駐車場の有無も考慮しましょう。

Page Top