前へ
次へ

お葬式で気を付けなければならないマナー

お葬式には大切なマナーがたくさんあります。
通夜ぶるまいの際に飲酒の量やその場での行動には十分に気を付けなければなりません。
お酒が出されたからと笑いすぎたりなど楽しげに振る舞うのはマナー違反となります。
そのほか、告別式や通夜などに参列することになった場合は、服装やメイクにも配慮をする必要があります。
あまり葬儀への参列経験がないあるいは参列したことがないという方は前もって葬儀についてのマナーを身につけておくと、葬儀に参列することになった時に安心です。
書店などでは葬儀のマナーについての本が置いてあるので参考にされるとよいでしょう。
またインターネットでも検索をすれば葬儀についてのマナーやふさわしいとされる振る舞いなど、細かなことまで載っているサイトもあります。
大切なのは故人や遺族、そして他の参列者に対して場の雰囲気を乱さない気遣いです。
参列をする際は、葬儀という場にふさわしい服装や行動を心掛ける必要があります。

Page Top